So-net無料ブログ作成
検索選択
2016 ギリシャ・北京 ブログトップ
前の17件 | -

67. 北京~羽田 NH962 機内食 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月5日(木・祝)
乗り継ぎ時間6時間20分を利用しての北京観光終了。
北京首都空港から天安門広場まで、移動だけで約1時間かかるので、
観光できたのは実質1時間30分だけだったけれど、
思っていた以上に楽しむことが出来ました^^

IMG_2052-6.jpg
地下鉄を乗り継いで、北京首都空港に戻って来ました。
飛行機離陸のピッタリ2時間前。

IMG_2055-6.jpg
北京首都空港、とっても広い~。
航空券はアテネのカウンターで、アテネ~ウィーン~北京~羽田を
まとめて発券してもらっていたので、そのまま保安検査に向かえば
良かったのだけど、広すぎてどこへ行ったら良いのか分からず、
結局、ANAのカウンターまで行っちゃいました・・・(^^;
そんなアホな私に、日本語が話せる中国人スタッフがとても丁寧に
教えてくださり、おかげでラウンジの場所も分かりました。

IMG_2062-6.jpg
北京首都空港、空港内に中国らしいものがあちこちにあります。

IMG_2064-6.jpg
エアーチャイナのファーストクラス・ラウンジ。
座席は、ANAのビジネスクラス(しかも特典航空券)だけど、
ラウンジはここを利用するようにって言われたんですよね~。
スターアライアンス・ゴールド(SFC)だから?

IMG_2061-6.jpg
ラウンジには、私の大好きな海老蒸し餃子がありました^^
そして、カットフルーツも~♪

IMG_2065-6.jpg
北京空港15:35発→羽田空港20:00着
ANA NH962便。
ビジネスクラスはガラガラで、窓側に数人が座っている程度。
おかげで静かだったので、居心地がとても良かった~。
機内では眠ろうと思っていたのだけど、
映画「杉原千畝」があったので、観ちゃいました・・・(^^;

IMG_2068-6.jpg
NH962便、ビジネスクラス機内食。
2種類から海鮮をチョイス~♪
さすがANA、安心のお味でした^^

定刻より15分早く、19:45に羽田空港に到着。
だったのだけど、スーツケースがビニール紐を十字にかけられた状態で
荷物レーンから流れて来た・・・。
で、ANAのカウンターで、これはどういうことなのか問い合わせたり
していたら、時間がかかってしまい、早く到着した意味なし。

私のスーツケース、北京で開けられていました。
ポータブル充電器をスーツケースに入れていたのが理由で、
しっかり没収されていた・・・。
どうも、機内持ち込みの手荷物にしなければいけなかったみたい。
今までずっとスーツケースに入れていても大丈夫だったのに~!!

ANAのスタッフさん曰く、
「最近の中国は厳しい。特に天津の爆発事故以来。」とのことでした。
ポータブル充電器、5千円くらいしたんだけどなぁ~。
ま、安全のためだから、仕方がないですね・・・。

その後、夏休みの旅のときは、チェックイン手続きの際に、
スーツケースに予備バッテリーなどを入れていないか聞かれたので、
私みたいな人が多くて、注意を促すようにしたのかもしれないです。

==== ギリシャ&北京 旅行記 完 ====

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

66. 北京 前門大街~大柵欄~観音寺街 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月5日(木・祝)
前門大街から大柵欄を進み、観音寺街まで歩いてみました。

IMG_2012-6.jpg
観音寺街。
この先を少し行ったところで折り返し、元来た道を戻りました。

IMG_2014-6.jpg
再び、大柵欄。
古い街並みの残る辺り、とってもいい感じです^^

IMG_2017-6.jpg
そして、このお鍋が気になる~♪

IMG_2018-6.jpg
外観が気になった瑞蚨祥鴻記、シルク店のようです。

IMG_2020-6.jpg
こちらも外観が気になった同仁堂、漢方薬のお店?

IMG_2023-6.jpg
前門大街まで戻って、呉裕泰というお茶屋さんでソフトクリーム。
ジャスミンティーのソフトクリーム 6元(≒115円)。

IMG_2031-6.jpg
マダム・タッソー蝋人形館。
未だにどの国のものも入ったことがありません・・・(^^;

IMG_2033-6.jpg
マダム・タッソー館の前にあったけれど、どなたでしょう?

IMG_2040-6.jpg
中国らしい外観のスターバックス・コーヒー。

IMG_2048-6.jpg
可愛らしい模様の路面電車。

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

65. 北京 前門大街~大柵欄 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月5日(木・祝)
あまり時間に余裕はないのだけど、前門大街~大柵欄~観音寺街と
歩いてみました。

IMG_1999-6.jpg
前門大街には観光客向けと思われるお店がたくさん並んでいるけれど、
なぜかお店の前には銅像が・・・(^^;
おじさんが肩に担いでいる赤いものは、

IMG_2001-6.jpg
糖葫盧(タンフールー)というスイーツなのだそう。
サンザシというフルーツのりんご飴みたいなもの。
気になったけれど、食べてみる気はしませんでした・・・(^^;

IMG_2003-6.jpg
このお店の前にも銅像。

IMG_2022-6.jpg
ここにも~。

IMG_2027-6.jpg
そして、こちらにも~。

IMG_2025-6.jpg
地面にあったプレートをパチリ~♪
「前門大街 百年老街」と書かれてあります。
前門大街は、明清時代から続く歴史的な商業地区とのこと。

IMG_2005-6.jpg
大柵欄。

IMG_2007-6.jpg
お店に入ってみる時間はないけれど、店頭を見ているだけでも
楽しいものがいっぱい。

IMG_2009-6.jpg
とっても色鮮やか~♪

IMG_2010-6.jpg
天津発祥の肉まん屋さん「狗不理」。
食べたかったけれど、時間が読めないのでガマン~。
あ、後で知ったのだけど、東京にもお店があるようです・・・(^^;

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

64. 北京 正陽門と箭楼 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月5日(木・祝)
天安門広場を楽しんだ後は、毛主席紀念堂の横を通り、正陽門へ。

IMG_1968-6.jpg
天安門広場の南側にある「正陽門(前門)」。

IMG_1975-6.jpg
門をくぐったところにある方位盤。
なんだか御利益がありそうなのでパチリしました^^

IMG_1979-6.jpg
道路を渡って対岸からパチリ。
正陽門は、北京城の第二の城門だったとのこと。

IMG_2049-6.jpg
登楼できるようだけど、時間がないので、外から眺めただけ・・・。

IMG_1984-6.jpg
正陽門の南側にある「箭楼」の内側。

IMG_1992-6.jpg
武器弾薬の倉庫である「箭楼」。
敵兵を狙い撃ちするために、射撃用の箭窓がたくさんあります。

IMG_2046-6.jpg
箭楼の前にある通りを渡り、前門大街にやってきました~♪

IMG_1997-6.jpg
前門大街には路面電車が走っているので、道に線路。
6柱5粱の五牌楼は、北京オリンピックの再開発で再建されたのだそう。

IMG_2035-6.jpg
前門大街側から、五牌楼と箭楼。

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

63. 北京 天安門広場 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月5日(木・祝)
朝9:15、定刻どおり北京空港に到着。
これまでに、香港やマカオには旅したことがあったけれど、
中国本土は未踏だったので、乗継時間が6時間以上となるようにし、
それを利用して、ちょこっとだけ北京観光をしました^^

IMG_1891-6.jpg
北京地下鉄・機場線、北京首都空港 第3ターミナル駅。
とても広くて、キレイでした~♪

IMG_1890-6.jpg
切符は窓口で購入 25元(≒479円)。
エアポート・エクスプレスと呼ばれているけれど速度は遅いです。
T3→T2→三元橋駅→東直門駅→T3→T2
という順に停まるので、ターミナル3から東直門駅へは約35分だけど、
東直門駅からターミナル3へは約20分です。

東直門駅で地下鉄2号線に乗り換え、
さらに建国門駅で1号線に乗り換えて、天安門東駅で下車。
東直門~天安門東 4元(≒76円)

天安門東駅から天安門広場へ向かう道路上には検問所があって、
身分証のチェックと荷物のセキュリティ検査があります。
駅を出たところからすごい人で、大行列になっていて驚いたけれど、
待ち時間は10分くらいでした。
パスポートを見せて、荷物をX線検査に通すだけで終了~。

IMG_1896-6.jpg
天安門広場のお隣にある中国国家博物館。

IMG_1901-6.jpg
天安門広場。

IMG_1921-6.jpg
国旗掲揚台。
護衛の方が立っておられます。

IMG_1903-6.jpg
天安門と城楼。

IMG_1915-6.jpg
明朝1417年の創設当時は「承天門」という名前だったけれど、
その後、清朝1651年に「天安門」に改名。
清朝滅亡後は、寂れた状態がしばらく続いていたようだけど、
中華人民共和国が建国された1949年に毛沢東の肖像画が掛けられ、
中国共産党のシンボルになったとのこと。

IMG_1951-6.jpg
人民英雄記念碑。

IMG_1956-6.jpg
毛主席紀念堂。
中国建国の父「毛沢東」が眠っている廟。
内部は見学できるようで、すごい行列が出来ていました。
私は時間も興味もないので入りませんでしたが・・・(^^;

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

62. ウィーン~北京 OS063 機内食 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月4日(水)
ウィーン空港での乗り継ぎは1時間40分だったけれど、
20分もかからずに移動できたので、ラウンジでゆっくり出来ました。

IMG_1854-6.jpg
Gゲートのオーストリア航空ラウンジ~♪

IMG_1856-6.jpg
パンとスープ2種類。

IMG_1857-6.jpg
ケーキ2種類。

IMG_1858-6.jpg
あまりお腹は空いていなかったので、またおやつだけ・・・(^^;
アプリコット・チーズケーキが美味しかった~♪

IMG_1863-6.jpg
ウィーン17:40発→北京 翌9:15着
オーストリア航空 OS063 ビジネスクラス。
窓側は一人掛けの席でお隣がいないので、とっても快適~♪
北京行きだけど、映画は日本語もありました^^

IMG_1870-6.jpg
オレンジジュースがとっても濃厚で美味しかった~♪

IMG_1874-6.jpg
ビジネスクラス、最初の機内食。
前菜は、サーモンとオクトパスサラダをチョイス。

IMG_1878-6.jpg
クリーミー キャロット ジンジャー スープ。

IMG_1879-6.jpg
メインは3種の中から、シーバスのフィレ ソイソースをチョイス。
北京行きの飛行機だからかな、見た目がとても中華な感じ。

IMG_1883-6.jpg
デザートはケーキなどもあったけれど、あまり食べる気がせず、
フルーツだけを盛っていただきました^^

IMG_1887-6.jpg
北京到着間際、2回目の機内食。
ヨーグルトとフルーツが美味しかった~♪

ウィーンから北京までは、9時間35分のフライト。
フルフラットのシートで爆睡していたら、あっという間の到着で、
ちょっと寝足りないくらいでした・・・(^^;

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

61. アテネ~ウィーン 機内食 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月4日(水)
アテネ空港のエーゲ航空のラウンジは、保安検査よりも前にあります。
航空会社のラウンジが制限区域内の搭乗ゲート付近以外のところにある
のって、これまでに経験したことあったかな・・・。

IMG_1825-6.jpg
エーゲ航空ラウンジ。

IMG_1827-6.jpg
ちょうどお昼時だったけれど、あまりお腹は空いていなかったので
おやつ類ばかり・・・(^^;

IMG_1830-6.jpg
ギリシャヨーグルト、美味しい~♪
蜂蜜がセットしてあって、容器を線のところから折り曲げて
ヨーグルトのほうへ流し込めるようになっています^^

しばし休憩をした後、保安検査&出国審査のために早めにラウンジを
後にしたのに、保安検査はガラガラであっという間に終了。
そして、出国審査はないまま搭乗ゲートに到着~。
私は、アテネ~ウィーン~北京~羽田と乗り継いで帰国するので、
シェンゲン協定加盟国用のエリアにいたんですよね。
だから、出国審査を行うのはアテネの空港ではなく、
ウィーンの空港だったのでした・・・(^^;
で、ヒマすぎる~って思いながら搭乗口の前でダラダラしていたら、
直前にゲートが変更になって、早足で移動するハメに~。

IMG_1832-6.jpg
アテネ14:40発→ウィーン16:00着 
エーゲ航空 A3880便。
水平飛行になってすぐにいただいたドリンクとおやつ。
ラウンジでいただいたものと同じ・・・(^^;

IMG_1835-6.jpg
ビジネスクラス機内食。
飛行時間が2時間20分だからか、しっかりした食事でした。
スモークターキーとアーティチョークハートとクスクスのサラダ。
ドライアプリコットの下はチーズです。

IMG_1840-6.jpg
チキンかサーモンかの2択だったので、チキンをチョイス。
クスクスはあまり好きではないのに、ここにも登場~。
で、クスクスは残して、チキンだけをいただきました・・・(^^;

IMG_1845-6.jpg
デザートと紅茶。

IMG_1850-6.jpg
まもなくウィーンです~♪

IMG_1851-6.jpg
定刻より10分早い15:50に、ウィーンに到着。
案内に従って、Gゲートへ。
ゲート移動のバスは10分毎に出ているようです。
16時発のバスは、客は私しかいませんでしたが・・・(^^;
Gゲートまでは、バスで2・3分。
バスを降りて建物に入ったところで出国審査がありました。

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

60. アリストンホテル~アテネ空港 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月3日(火)
カランバカ駅17:32発の電車でアテネに戻りました。
アテネ到着は、定時だと22:12だったのだけど、55分も遅れて、
実際にアテネ・ラリッサ駅に到着したのは23:07。
クチコミなどを見ると、この電車はたびたび遅れているようだったので、
この日は、ラリッサ駅前にあるホテルを予約しておきました。

IMG_1792-6.jpg
アリストンホテル。
ツインのシングルユース 1泊 朝食付き 40ユーロ。

IMG_1794-6.jpg
バスダブ付き。
2日前に、ストライキで移動できず、このホテルに飛び込みで
泊ったときは、ジメジメしている感じで、水回りの音がうるさくて
ほとんど眠れないようなお部屋だったけれど、
この日のお部屋は明るくて広くて、全く音もせず快適でした^^

IMG_1803-6.jpg
5月4日(水)
朝起きて、ベランダからパチリ~♪
右端に写っている建物が、ラリッサ駅(アテネ中央駅)です。

IMG_1807-6.jpg
ホテルでの朝食~♪
ギリシャヨーグルトが美味しかった^^

IMG_1809-6.jpg
朝食後は、ホテルから歩いて4・5分のところにある
スーパー・カルフールへ。
お土産用のチョコレート 2.28ユーロ。
お土産用のルクミ 2.71ユーロ×2個。

IMG_1811-6.jpg
お買物の後はホテルに戻り、荷造りをして、チェックアウト。
アテネ市内から空港へは地下鉄を利用しました。
ラリッサ駅~アテネ空港 10ユーロ。

IMG_1812-6.jpg
アテネ空港。

IMG_1819-6.jpg
アテネ空港、お昼ころの時間帯なのに空いていました^^

IMG_1816-6.jpg
飛行機まで時間はたっぷりあるので、空港内にあるミュージアムへ。
さすがギリシャという展示でした^^

つづく

コメント(4) 
共通テーマ:旅行

59. トレッキングコース~カランバカ駅 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月3日(火)
メテオラにある6つの修道院をすべて見終えたのが15:40頃。
この後、17:32発の電車でアテネに帰らないといけないので、
麓の町カランバカに戻ります。

IMG_1767-6.jpg
カランバカの町へのトレッキングコース。

IMG_1769-6.jpg
こんな道や、

IMG_1770-6.jpg
こんな道を歩きながら、どんどん下って行きます。

IMG_1771-6.jpg
10分くらい下った辺りでパチリ~♪

IMG_1778-6.jpg
さらに15分ほど下って行くと、カランバカの町外れに出ました。
トレッキングコース、下りでもなかなかキツかった・・・。

IMG_1781-6.jpg
さらに5分ほど歩いて、カランバカの町のメイン通りに到着。
アギア・トリアダ修道院からカランバカの町の中心まで、
歩いて移動するには30分は必要です。
暑いなか歩いてヘロヘロだったので、このお店に飛び込みました。
マンゴーヨーグルトスムージー 3.5ユーロ。
バナナやパイナップルも入っていて美味しかった~♪

IMG_1783-6.jpg
その後、ホテルに預けていた荷物を受け取り、カランバカ駅へ。
駅の窓口で、ストライキで乗れなかった往路の分のチケット代を
返してもらおうと聞いてみたら、窓口にいたお姉さん、
面倒くさそうにチケットに数字を書いて、ここに電話しろと・・・。
えっ~、払い戻しは電話じゃないと出来ないの?!
そんなの無理だよ~って思ったけれど、仕方がない。
後でメールで問い合わせるしかないかなぁと思っていたのだけど、
日本に帰ってみたら、何も手続きをしなくても、
クレジットカードを通して返金されてた・・・(^^;

IMG_1785-6.jpg
カランバカ駅17:32発、アテネ行きの列車。
落書きだらけ・・・。

IMG_1791-6.jpg
座席はインターネットで予約をする際に、進行方向に向いている
ところの窓側を選んでおきました^^
カランバカからアテネまで 11.2ユーロ。
写真ではガラガラだけど、発車時にはほぼ満席になっていました。

IMG_1789-6.jpg
駅に向かう途中に買った夕食・・・(^^;
豚肉のギロピタ 1.7ユーロ。
昼食抜きだったので、あっという間に完食でした~。

電車は、カランバカ駅17:32発→アテネ22:12着の予定だった
のだけど、実際は55分も遅れて、アテネに到着したのは23:07。
けっこう硬い椅子に5時間半は、かなり疲れた~。
アテネ・ラリッサ駅の駅前のホテルを予約しておいて良かった・・・。

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

58. メテオラ アギア・トリアダ修道院 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月3日(火)
メテオラにある6つの修道院のうちの6つ目、
「アギア・トリアダ修道院」にやって来ました~。
アテネからストライキで移動できず、メテオラ2泊の予定が1泊に
なってしまい、6つの修道院を全部訪れるのは無理だろうなぁと
思っていたので、たどり着いたときは、感激もひとしおでした^^

IMG_1754-6.jpg
アギア・トリアダ修道院も、見学料は3ユーロ。

IMG_1757-6.jpg
鉄の玉は攻撃用なのかな・・・。

IMG_1751-6.jpg
教会内は撮影禁止なので、ここでも外の写真ばかりです・・・(^^;

IMG_1705-6.jpg
畑で野菜などを栽培しているようですね~♪

IMG_1743-6.jpg
いい感じに道が造られています^^

IMG_1730-6.jpg
こうやって眺めると、やっぱり大きな岩の上にあるとは思えない。

IMG_1744-6.jpg
ホテルの部屋のベランダから見えた白い十字架。

IMG_1717-6.jpg
テラスからの眺め~♪
メガロ・メテオロン修道院、ヴァルラーム修道院、ルサヌ修道院を
見ることが出来ます^^

IMG_1709-6.jpg
岩の真下は、カランバカの街。
この後、トレッキングコースを歩いて街まで下ります。

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

57. アギア・トリアダ修道院への道 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月3日(火)
アギオス・ステファノス修道院を楽しんだ後は、
来た道を戻り、アギア・トリアダ修道院へ向かいました。

IMG_1664-6.jpg
アギオス・ステファノス修道院から歩くこと7・8分、
アギア・トリアダ修道院が見えてきました。 ズームで撮影~♪

IMG_1660-6.jpg
ロープウェイは物資用なので、観光客を運んではくれません。
アギア・トリアダ修道院へ行くには、いったん谷に降りた後、
階段をのぼらないといけないのです・・・。

IMG_1671-6.jpg
一度、谷に向かって下り、

IMG_1673-6.jpg
岩の上の修道院まで階段で上がります。

IMG_1676-6.jpg
高さ565m、階段は130段もあるとのこと・・・。

IMG_1678-6.jpg
20世紀初めに岩をくり抜いて造られたという階段。

IMG_1688-6.jpg
こんな、なかなかのスリルの道を歩いたり、階段を上ったり・・・。

IMG_1691-6.jpg
途中、車道からアギア・トリアダ修道院へと続くつづら折りの道を
眺めることが出来ました^^

IMG_1700-6.jpg
車道のところから歩くこと12~13分。
アギア・トリアダ修道院に到着~♪

IMG_1698-6.jpg
修道院内に入る前に、ベンチに座って、しばし休憩~。

IMG_1701-6.jpg
ニャンコ、やはりカメラ目線をしてくれません・・・(^^;

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

56. アギオス・ステファノス修道院 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月3日(火)
ビューポイントで絶景を眺めて、たくさん写真撮影した後は、
残り2つの修道院に向けて、再び歩き始めました。

IMG_1555-6.jpg
ビューポイントから20分ほど歩いたところで、
目の前に「アギア・トリアダ修道院」。
なんだけど、カランバカの町に帰るための経路の都合上、
ここは最後に見学した方が良いので、素通りです・・・(^^;

IMG_1575-6.jpg
そして、さらに歩くこと7・8分、もうひとつの修道院
「アギオス・ステファノス修道院」が見えてきました~♪

IMG_1588-6.jpg
アギオス・ステファノス修道院は、道路から大きな橋でつながっていて、
6つの修道院のうち唯一階段を上らずに訪れることが出来る修道院です。

IMG_1593-6.jpg
岩にピッタリくっ付けて造られているのがスゴイです^^

IMG_1637-6.jpg
アギオス・ステファノス修道院のオープン時間は、
夏季は、9:00~13:30と15:30~17:30。
で、私がたどり着いたのが、14:15。
閉まっているだろうなぁと思いながらも来てみたのですが、
なんと!!、開いてくれていました~♪
メガロ・メテオロン修道院に続き、とてもラッキーでした^^

IMG_1595-6.jpg
アギオス・ステファノス修道院も、見学料は3ユーロです。

IMG_1622-6.jpg
やはり教会内は写真撮影禁止なので、外の写真のみ。

IMG_1626-6.jpg
アギオス・ステファノス修道院も尼僧院だからでしょうか、
庭園にお花がいっぱいでした^^

IMG_1606-6.jpg
こんな光景を見ていると、ここが岩の上であることを
忘れてしまいますね・・・(^^;

IMG_1611-6.jpg
テラスからの眺め~♪
カランバカの町を一望することが出来ます^^

IMG_1613-6.jpg
ズームにしてみたら、駅に停まっている列車も見えました。
実は、観光しながらも、今日はちゃんと電車は動いているのかぁと
心配していたんです・・・(^^;
なので、駅に列車がいるのを見て、ホッとしたのでした。

IMG_1639-6.jpg
見学後、アギオス・ステファノス修道院の駐車場にあったお店で、
アイスキャンディーを購入~♪ 1ユーロ。
時刻は14:50、お昼抜きでガッツリ歩いたのと、お天気が良くて
暑かったことで疲れてはいたけれど、休んでいる時間はないのです。
で、とりあえずこれで、ちょっとだけ腹ごしらえ・・・(^^;

つづく

コメント(7) 
共通テーマ:旅行

55. メテオラ ビューポイント [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月3日(火)
ルサヌ修道院を楽しんだ後は、ホテルで教えていただいた
おススメのビューポイントに行きました。

IMG_1477-6.jpg
ビューポイントの少し手前にも、眺めの良さそうな場所が
あったので、立ち寄ってみました。
これまでに訪れた4つの修道院を眺めることが出来ます^^

IMG_1474-6.jpg
ひとつ前に訪れたルサヌ修道院。
ここから眺めると、岩に貼り付いている様子がよく分かる^^

IMG_1460-6.jpg
どの景色を切り取ってもステキです~♪
やっぱり2泊して、もっとゆっくり滞在したかったなぁ~。

IMG_1494-6.jpg
おススメのビューポイントは、この左側の岩の上。
数人の人が立っているの、見えるかなぁ~。

IMG_1517-6.jpg
やはり、おススメのビューポイントからの方が、
4つの修道院を1枚の写真に、キレイに納めることが出来ます^^
左端が「アギオス・ニコラオス修道院」、そのお隣が「ルサヌ修道院」。
中央の岩の上が、最初に訪れた「メガロ・メテオロン修道院」。
そして、その右隣が、2番目に訪れた「ヴァルラーム修道院」。
絶景ですね~♪
まさしく私が見てみたかった景色です!!

IMG_1519-6.jpg
4つの修道院の反対側、この写真の中央に写っているのが、
この後に訪れる「アギア・トリアダ修道院」。

IMG_1536-6.jpg
ビューポイントから少し歩いたところでパチリ~♪
左の岩の上が、アギア・トリアダ修道院。
岩と岩の間、下界に広がっているのは、カランバカの町です。

IMG_1541-6.jpg
アギア・トリアダ修道院が近付いて来ました~。

IMG_1546-6.jpg
眺める角度によって、いろいろな姿を見せてくれます^^

IMG_1554-6.jpg
そして、後ろを振り返って、パチリ~♪
3つの修道院がバッチリ見えました。
メテオラには、全盛期には24もの修道院があったとのこと。
当時は一体どんな眺めだったのでしょうね~。

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

54. メテオラ ルサヌ修道院 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月3日(火)
アギオス・ニコラオス修道院を楽しんだ後は、来た道を戻り、
4つ目の「ルサヌ修道院」へ行きました。

IMG_1402-6.jpg
アギオス・ニコラオス修道院からルサヌ修道院までは、徒歩20分。
ずっと緩い上り坂なので、歩くのはけっこうキツイです・・・。

IMG_1408-6.jpg
ルサヌ修道院は、こんな岩の上にあります。
道路と岩の境は削られてこんな姿になったのかな~。
地と接している部分が少しだけで、何だか恐ろしい・・・。

IMG_1414-6.jpg
ルサヌ修道院を、岩の真下から見上げると、こんな感じ~♪

IMG_1218-6.jpg
ひたすら階段を上り、左に写っている小さな橋を渡ります。

IMG_1444-6.jpg
ここから修道院の中へ。

IMG_1420-6.jpg
現在のルサヌ修道院は尼僧院とのこと。
だからかな、可愛らしい花壇がありました^^

IMG_1432-6.jpg
テラスの椅子に座って、景色を眺めながら、しばし休憩~♪
目の前の岩の上は、ヴァルラーム修道院。

IMG_1424-6.jpg
中央の岩の上にあるのが、
ひとつ前に訪れた「アギオス・ニコラオス修道院」。

IMG_1435-6.jpg
記念に、尼さんが絵付けした石を購入~♪
石の裏側に、日付と名前を入れてくれました^^ 3ユーロ。

IMG_1445-6.jpg
ルサヌ修道院を楽しんだ後は、車道の方へ降りる階段へは行かず、
緑に囲まれた道の方へ進みました。
この道の先が、ホテルの方が教えてくれたビューポイントです。

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

53. メテオラ アギオス・ニコラオス修道院 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月3日(火)
ヴァルラーム修道院から、写真を撮りながら歩くこと約40分。
暑さに少しバテながら、アギオス・ニコラオス修道院に到着。

IMG_1330-6.jpg
門から入っていくと、洞窟の中に祭壇がありました。

IMG_1335-6.jpg
そして、岩の窪みにはイコン。

IMG_1337-6.jpg
ここから階段を上りますよ~♪
アギオス・ニコラオス修道院にも、
物資などを吊り上げるための仕組みがあります。

IMG_1356-6.jpg
見学料3ユーロを納めて、修道院の中へ。
こちらは滑車というよりも、エレベーターみたいな感じです。
これなら、人間も安心して乗れそうですね・・・(^^;

IMG_1379-6.jpg
アギオス・ニコラオス修道院も、教会内は写真撮影禁止です。
素晴らしいフレスコ画があるんですけどね・・・。
仕方がないので、サロンのような場所をパチリ~♪
ここも、ステキな空間です^^

IMG_1360-6.jpg
テラスからの眺め~♪
道を下りながら40分歩いたので、だいぶ下界に近くなりました。
戻るために、また上らなきゃですが・・・(^^;

IMG_1371-6.jpg
大きな岩~♪
たくさんある岩も、見る角度によって、違った表情があります。

IMG_1370-6.jpg
岩壁に何かある!!と思って、ズームで撮影。
洞窟のような感じです。
訪れた方々が布を掛けていかれたのでしょうか。
しかし、こんなところまで、どうやって来るのだろう・・・。

IMG_1376-6.jpg
アギオス・ニコラオス修道院のてっぺんにある鐘楼。

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

52. ヴァルラーム修道院~アギオス・ニコラオス修道院 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月3日(火)
メテオラには、6つの修道院があります。
そのうちのひとつ「アギオス・ニコラオス修道院」は、車がない人には
少し見学しづらい場所にあるので、6つ全部の修道院を見学するには、
2日間必要だよなぁと思い、メテオラでは2泊する予定にしていたけれど、
ストライキの影響で1泊だけとなってしまいました。
だから、アギオス・ニコラオス修道院に行くことは諦めていたのだけど、
最初の2つ、メガロ・メテオロン修道院とヴァルラーム修道院を見学し
終えた時点で、時刻は11時すぎ。
思ったよりも時間を要していなかったので、頑張って歩けば何とかなる
かもしれないと思い、アギオス・ニコラオス修道院まで行ってみることに
しました。

IMG_1269-6.jpg
次に向かう「アギオス・ニコラオス修道院」は、こちらではなく、
右下に続く道を歩き進んだずっと先にあります。
ちなみに、この写真に写っているのは、ルサヌ修道院。
アギオス・ニコラオス修道院の後に見学します。

IMG_1268-6.jpg
歩きながらの景色~♪
岩と岩の先に見えるのは、カランバカの町。

IMG_1296-6.jpg
奇岩がいっぱい。
いい感じに苔が生えていますね~♪
お天気が良くて、本当に良かった^^

IMG_1303-6.jpg
目指す「アギオス・ニコラオス修道院」が見えてきました^^
写真の中央です。

IMG_1299-6.jpg
ズームして撮影すると、こんな感じ。
アギオス・ニコラオス修道院も岩の上に、岩に貼り付くように
造られています。

IMG_1309-6.jpg
さらに歩き進み、ヴァルラーム修道院の裏側にやって来ました。
中央の岩の上にあるのが、2つ目に訪れたヴァルラーム修道院。
左の岩の上に少しだけ見えているのが、
最初に訪れたメガロ・メテオロン修道院です。

IMG_1323-6.jpg
3つ目のアギオス・ニコラオス修道院が近付いて来ました。
メガロ・メテオロン修道院やヴァルラーム修道院と比較すると、
こじんまりとした可愛らしい修道院です^^

IMG_1386-6.jpg
ヴァルラーム修道院から、写真を撮りながら歩くこと約40分。
アギオス・ニコラオス修道院に到着~♪
この先、岩の上まで階段を上らないといけませんが・・・(^^;

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

51. メテオラ ヴァルラーム修道院 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

5月3日(火)
メガロ・メテオロン修道院を楽しんだ後は、ヴァルラーム修道院へ。
歩いて10分くらいかな。
私は写真を撮るために、あちこちで立ち止まったので、15分くらい
かかりましたが・・・(^^;

IMG_1206-6.jpg
メガロ・メテオロン修道院から歩いて向かっている途中にパチリ~♪
目指す「ヴァルラーム修道院」です。
こちらも20世紀初めまでは梯子も階段もなかったとのこと。
岩を削って道を造り、岩と岩の間に橋をかけた様子が見て取れます。

IMG_1284-6.jpg
ヴァルラーム修道院の門。

IMG_1281-6.jpg
ヴァルラーム修道院を下から見上げると、こんな感じ。
あの場所まで、階段を上って行きますよ~。

IMG_1276-6.jpg
こんなところを歩いて行きます。

IMG_1239-6.jpg
階段は111段だったかな、修道院の入り口に到着~♪
こちらで見学料3ユーロをお支払い。

IMG_1264-6.jpg
中庭。 テラスからの眺めは素晴らしいです^^

IMG_1247-6.jpg
お隣のメガロ・メテオロン修道院も眺めることが出来ます。

IMG_1240-6.jpg
教会の中は写真撮影禁止なので、外の部分だけパチリ~。

IMG_1271-6.jpg
大きなワイン樽。

IMG_1243-6.jpg
物資を吊り上げたり、対岸に運んだりするための滑車。
階段が造られた今でも現役で使われているようです。

IMG_1221-6.jpg
ヴァルラーム修道院を後にし、少し離れたところからパチリ。
修道院の右隣の岩、人のお顔みたいです・・・(^^;

つづく

コメント(6) 
共通テーマ:旅行
前の17件 | - 2016 ギリシャ・北京 ブログトップ