So-net無料ブログ作成

19. ホイアン バーレー井戸、フーンフンの家 [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月18日(土)
美味しいバイン・ミーを食べて満足した後は、バーレー井戸へ。

IMG_0095-7.jpg
地図を見ると、少し奥まったところにあるようだったので、
ちゃんと辿り着けるかなって心配していたのだけど、
こんなキレイな案内板があって、迷うことはありませんでした。

IMG_0097-7.jpg
いまだ現役で利用されている「バーレー井戸」。
ホイアンの食生活になくてはならない井戸なのだそう。

IMG_0098-7.jpg
ホイアン名物の「ホワイト・ローズ」や「カオ・ラウ」を作る際に
練り込む水は、この井戸の水でなければダメなのだとか。
他のところの水では、あの味とあの食感は生まれないんだって。
これが、「ホワイト・ローズ」や「カオ・ラウ」が他の土地では
作られていない(食べられない)理由のひとつとのこと。
中がレンガ造りで、確かに歴史を感じる井戸ではあります^^

バーレー井戸を楽しんだ後は、ホテルに帰ろうと思ったのだけど、
チケットが1枚残っていたので、馮興家(フーンフンの家)へ。

IMG_0105-7.jpg
馮興家(フーンフンの家)。
約200年前に建てられた貿易商人の家。
壁はベトナム、柱やドアは中国、屋根は日本の建築様式とのこと。

IMG_0112-7.jpg
入ってすぐのスペースは、商談などに使われていたみたい。
天井には、洪水の際に2階に商品を運び上げるための窓があります。

IMG_0116-7.jpg
2階への吹き抜け、いい感じの造りです^^

IMG_0128-7.jpg
2階のお部屋。

IMG_0124-7.jpg
祭壇。

IMG_0146-7.jpg
お部屋とベランダの間の扉も美しい。

IMG_0140-7.jpg
ベランダからの眺め~♪
グエンティミンカイ通り。

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行