So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ
前の17件 | -

28. 五行山 展望ポイント~ヴァントン洞窟 [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月19日(日)
五行山(トゥイーソン)でいちばんの見どころ「フェンコン洞窟」を
楽しんだ後は、The Highest Peak という展望ポイントへ。

IMG_0504-7.jpg
崖と変わらないレベルの階段を上り、展望ポイントに到着。
途中、写真を撮る余裕がなく、いきなりてっぺん・・・(^^;

IMG_0527-7.jpg
展望ポイントからの眺め~♪
ビーチ沿いには、リゾートホテルがいっぱい。

IMG_0525-7.jpg
こちらは、リゾートホテル建設中のようです。
開発真っ只中という感じでしょうか。

IMG_0535-7.jpg
展望ポイントから地上に戻り、ヴァントン洞窟へ。

IMG_0539-7.jpg
岩のトンネルの下を通って進みます。

IMG_0542-7.jpg
ヴァントン洞窟( Van Thong Cave )の入り口。

IMG_0550-7.jpg
洞窟内の仏像。

IMG_0553-7.jpg
洞窟の奥に進むと人だかり。

IMG_0558-7.jpg
ここを登っていくと、別の展望ポイントがあります。
真っ暗だったので、フラッシュを使って撮影。

IMG_0562-7.jpg
ヴァントン洞窟から続く展望ポイントからの眺め~。
先に訪れた展望ポイント「 The Highest Peak 」からの方が、
周りをキレイに見渡せたように思います。

IMG_0559-7.jpg
大きな岩のてっぺん、人がいるのが見えるかな。
ここが先に訪れた展望ポイントの The Highest Peak 。
かなりの高さ、てっぺんまで上るのが大変だったのも頷けます。
でも、その分だけ、眺めもステキでした^^

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

27. 五行山 フェンコン洞窟 [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月19日(日)
ホアギエム洞窟を通り抜け、奥に進むと、
五行山(トゥイーソン)でいちばんの見どころと思われる
フェンコン洞窟( Huyen Khong Cave )があります。

IMG_0501-7.jpg
フェンコン洞窟( Huyen Khong Cave )。
正面の岩の上には、巨大な仏陀像が鎮座しています。
観光客の数人が天井を見上げているのは、

IMG_0451-7.jpg
時間帯によって、こんな光景が見られるから~♪

IMG_0459-7.jpg
洞窟の天井には、ベトナム戦争時の空爆で開いた穴があり、
お天気に恵まれると、洞窟内へ太陽の日が光線のように差し込んで、
神秘的な光景を見ることが出来るんです^^

IMG_0454-7.jpg
これはホントに美しかった。
まさにパワースポット、御利益ありそう~♪

私がフェンコン洞窟に到着したのは12:50頃で、
天井の穴から光が差し込む風景が目の前に広がっていて、
「うわぁ~♪」と、かなりテンションあがりました。
その後、洞窟内をあちこち見て回って、
1枚目の写真を撮影したのが13:05頃だったのだけど、
もう洞窟内に差し込む光は見られなくなっていたんです。
なので、神秘的な光景を見られたのは、かなり貴重なのかも。
こんなちょっとの間で、違いがあるとは・・・。
我ながら、とってもラッキーでした^^

IMG_0473-7.jpg
フェンコン洞窟内には、幾つかの祭壇があります。

IMG_0462-7.jpg
荘厳な雰囲気。

IMG_0466-7.jpg
大理石で彫られた仏陀像。

IMG_0483-7.jpg
フェンコン洞窟の出入口の階段と見護る四天王。

IMG_0495-7.jpg
赤いお顔は、どうしても赤鬼さんに見えてしまう。
で、恐ろしいのだけど、
トラさんに座っているのが気になってパチリ~。

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

26. 五行山 リンナム洞窟~ホアギエム洞窟 [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月19日(日)
タムタイ寺( Tam Thai Pagoda )でお参りした後は、
リンナム洞窟( Linh Nham Cave )へ。

IMG_0417-7.jpg
リンナム洞窟( Linh Nham Cave )。

IMG_0421-7.jpg
とても小さな洞窟で、奥に祭壇があるだけでした。
トゥイーソンには幾つかの洞窟があるけれど、
ここがいちばん見なくてもよい洞窟かなぁって感じです。

IMG_0434-7.jpg
次は、ホアギエム洞窟( Hoa Nghiem Cave )へ。

IMG_0437-7.jpg
歴史を感じる門。
いい感じの雰囲気です^^

IMG_0443-7.jpg
ホアギエム洞窟( Hoa Nghiem Cave )。

IMG_0449-7.jpg
洞窟に入ってすぐのところにある観音像。

ホアギエム洞窟の奥には、もうひとつ別の洞窟があります。
この洞窟が、五行山(トゥイーソン)のいちばんの見どころである
フェンコン洞窟(Huyen Khong Cave)。
で、もちろん奥へ歩き進みました^^

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

25. 五行山 タムタイ寺 [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月19日(日)
トゥタム寺( Tu Tam Pagoda )と展望台からの景色を楽しんだ後は、
来た道を戻り、入場口ゲート1から上ってきた階段の真正面にある
タムタイ寺( Tam Thai Pagoda )へ。

IMG_0303-7.jpg
タムタイ寺( Tam Thai Pagoda )の山門。

IMG_0390-7.jpg
オレンジ色の屋根の上には龍。
水色の壁や柱の装飾も美しく、目を惹く感じ。

IMG_0398-7.jpg
たてがみが立派~♪

IMG_0399-7.jpg
ライオンちゃんだよね?

IMG_0393-7.jpg
布袋様。

IMG_0401-7.jpg
お寺の名前、漢字だと「三台寺」なのかな。

IMG_0402-7.jpg
内部。

IMG_0405-7.jpg
護法神「韋駄天」。

IMG_0408-7.jpg
とってもお怒りの様子・・・(^^;

IMG_0409-7.jpg

つづく

コメント(6) 
共通テーマ:旅行

24. 五行山 トゥタム寺~展望台 [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月19日(日)
「タムトン寺( Tam Ton Pagoda )」の次は、
さらに奥にある「トゥタム寺( Tu Tam Pagoda )」へ。

IMG_0344-7.jpg
こちらにもありました、千手千眼観音。

IMG_0347-7.jpg
掌に眼が1つずつ、背後の光輪の小さな手にも眼が1つずつ。

IMG_0349-7.jpg
お寺の内部。

IMG_0339-7.jpg
お猿さんが覗いてる?

IMG_0366-7.jpg
白が美しい。

IMG_0357-7.jpg
なんだか気になって、パチリ~。
座ってゆっくり休憩したくなるような場所です^^

IMG_0369-7.jpg
リバー・ウォッチ・タワーと書かれた展望台へ。

IMG_0372-7.jpg
展望台からの景色。
五行山の他の4つの山、モックソン、キムソン、トーソン、ホアソンを
見ることが出来ます。(写真はそのうちの3つ。)
どれがどれか分からないけれど、とっても良い眺め~♪
晴天の青空なら、もっとキレイだっただろうなぁ・・・。

IMG_0377-7.jpg
眺めていると、山から惹きつけられる不思議な力を感じました。
山の背後に見えるのは、ダナンから続くハン川かな~。

IMG_0382-7.jpg
時間があれば、トゥイーソン以外の山にも訪れてみたかったな。

つづく

コメント(7) 
共通テーマ:旅行

23. 五行山 タムトン寺 [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月19日(日)
ゲート1から入場し、階段を上った先から順に見ていきます。

IMG_0320-7.jpg
階段を上って左側に進み、タムトン寺へ向かう途中にある寺院。

IMG_0314-7.jpg
案内がなくて、名称が分からず・・・。

IMG_0308-7.jpg
毬を持った獅子くん。

IMG_0310-7.jpg
子連れの獅子ちゃん。

IMG_0315-7.jpg
そのお隣の、やはり名称が分からない寺院。

IMG_0317-7.jpg
ちょっと可愛らしい感じ・・・(^^;

IMG_0326-7.jpg
さらに奥に進むと「タムトン寺( Tam Ton Pagoda )」。

IMG_0331-7.jpg
布袋様が鎮座。

IMG_0332-7.jpg
内部は、とってもカラフル。

IMG_0334-7.jpg
千手千眼観世音菩薩。
背後の光輪は、小さな手になっていて、各掌に眼が1つずつ。

IMG_0324-7.jpg
境内にある大きな鐘。

つづく

コメント(6) 
共通テーマ:旅行

22. ダナンから五行山へ [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月19日(日)
朝8:30起床、ホテルで朝食をいただき、10時にチェックアウト。
が、しかし、このチェックアウトの対応が最悪で、ウンザリ・・・。
アンケート用紙に記入するよう言われ、これはまぁ仕方がないかと思って、
英文を必死に訳し書き込んだけれど、その後、スマホを出せと言って
私から取り上げ、勝手に触りまくる・・・。
ネットに繋がらないことが分かると、Wifiで繋ぐように言われ、
そして、tripadvisor に書き込みしろと強要・・・。
私、tripadvisor は見たことはあっても、クチコミをしたことがなくて、
やり方が分からなかったので、断ったのだけど、聞く耳持たず。

10:15発で、ダナンにあるホテルまでの送迎を頼んでいたので、
それまでの時間のやり取りは、ムカつきながらも我慢できたんだけど、
10:15を過ぎても、気にせず強要してくるので、さすがに頭にきて、
だからって、文句を言えるだけの英語力はなく・・・。
で、ウンザリ感を込めて大きくため息をついたら、解放してくれた。

ダナンのホテルまでの送迎は、当初は10時にお願いしていたけれど、
前日夜に10:15にして欲しいと言われ、OKしていたんだけど、
結局、出発できたのは、10:25でした。

リバー・スイーツ・ホイアン( River Suites Hoi An )、
クチコミで高評価を得ているけれど、これはホテルスタッフから
強要された結果なんじゃないのかな・・・。
改めて見てみると、なかなか胡散臭い。
とにかく、ホイアンでの楽しい思い出が全部台無しになるような
最低の対応でした。

10:25にホイアンを出発し、11:10にダナンのホテルに到着。
ホテルの車での送迎は、430,000ベトナムドン(≒2,162円)。
ダナンで1泊するホテルは、まだチェックイン出来ない時間だったので、
荷物を預かってもらい、早速、観光に出発~。

IMG_0270-7.jpg
ダナン大聖堂前のバス停から路線バスに乗り、五行山へ。

IMG_0271-7.jpg
色んな方の旅行記を読んで、バスの運賃は通常17,000ドンだけど、
観光客は、30,000~50,000ドンを要求されると分かっていたので、
ピッタリ30,000ドンを用意してから、バスに乗りました。
バスの乗り降り口に立っている女性が車掌さんで、
しばらくしたら運賃の回収に来たので、いくらか確認したりせず、
さっと3万ドンを差し出したら、何も言われずに済みました。
高めに要求されると言っても、30,000ドン≒169円です。

IMG_0272-7.jpg
車掌の女性に、ベトナム語で「五行山」と書いた紙を見せていたので、
ちゃんと五行山の前で降ろしてくれました^^
乗車時間は、ダナン大聖堂前のバス停から20分くらい。

IMG_0276-7.jpg
五行山へ向かう道には、大理石で作られた像などのお店がいっぱい。

IMG_0280-7.jpg
五行山は、トゥイーソン、モックソン、キムソン、トーソン、
ホアソンの5つの連山からなり、大理石で出来ていることから、
マーブルマウンテンとも呼ばれています。
観光化されているのは、いちばん大きいトゥイーソン(標高108m)
とのことなので、私もトゥイーソン( THUY SON )に訪れました。

IMG_0281-7.jpg
左側がチケット売り場。
最新のガイドブックでも、入場料15,000ドンと書いてあったのに、
実際は、40,000ドンに大幅値上げされていました。
といっても、40,000ドン≒225円ですけどね・・・(^^;

IMG_0286-7.jpg
観光用マップなんてものは貰えないので、迷わず見て回れるか
心配だったのだけど、あちこちにこんな地図が掲げられていたので、
とっても分かりやすくて助かりました^^

IMG_0288-7.jpg
こんな階段を上って行きます。
私が入ったところとは別の入場口を使えば、エレベーターが
ありますので、階段が無理な方は、そちらをどうぞ~。
エレベーターは有料なので、私は階段で・・・(^^;

IMG_0295-7.jpg
ゆっくり上っても、5分ほどでした~♪

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

21. ホイアン ナイトマーケットのランタン [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月18日(土)
「ワン・ルー」での美味しい夕食に満足した後は、
前夜に続き、アンホイ島のナイト・マーケットへ行きました。

IMG_0231-7.jpg
何軒もあるランタン屋さん。

IMG_0234-7.jpg
色や模様で、けっこう雰囲気が変わりますね~。

IMG_0237-7.jpg
小さめのランタンもありました。

IMG_0239-7.jpg
絵柄のないランタンの方が上品な感じ。

IMG_0244-7.jpg
卓上用のランタン。

IMG_0245-7.jpg
眺めているのが楽しくて、あちこちパチリしまくり~♪

IMG_0248-7.jpg
惹かれはするけれど、購入はせず・・・(^^;

IMG_0251-7.jpg
これは、売れている様子はなかった・・・。

IMG_0257-7.jpg
夜のホイアンを楽しんで、ホテルに戻ったのは21時頃でした。

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

20. ホイアン ランタン、ワン・ルー [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月18日(土)
馮興家(フーンフンの家)を楽しんだ後は、ホテルに戻って、
クーラーを効かせて涼みながら、1時間ほど休憩。
19時少し前、外が暗くなったのを確認し、再びお出かけです。

IMG_0178-7.jpg
ランタンを求めて、旧市街へ。

IMG_0182-7.jpg
チャンフー通りの色とりどりのランタン。
この辺りが幻想的で、いちばん美しかったです^^

IMG_0188-7.jpg
ランタンの灯りが魅力的で、あちこちパチリ。

IMG_0190-7.jpg
定番の黄色のランタンも、お花のようなランタンも、いい感じ~♪

IMG_0206-7.jpg
旧市街を歩いて、ランタンでいっぱいの街を楽しんだ後は、
多くの客で賑わう「ワン・ルー」というお店で夕食にしました。

IMG_0192-7.jpg
150年ほど前に建てられた家屋を利用したレストラン。
いい雰囲気です^^

IMG_0196-7.jpg
マンゴーシェイク 30,000ベトナムドン(≒169円)。
とっても美味しくて、あっという間に飲み終えたので、おかわり~。
2杯飲んじゃいました・・・(^^;

IMG_0199-7.jpg
ホイアン名物の「カオラウ」、35,000ベトナムドン(≒197円)。
伊勢うどんがルーツとも言われる甘辛タレの汁なし麺です。
この米麺は、昨日紹介したバーレー井戸の水でしか作れないのだとか。
前日に他のお店で食べたカオラウは普通の美味しさだったけれど、
このお店のカオラウは、とっても美味しかったです^^

IMG_0202-7.jpg
ホイアン名物の揚げワンタン、100,000ベトナムドン(≒564円)。
これも美味しかった~♪
盛り付けもキレイだし、安心して食べられるレストランです。
注文を取りにきたおばちゃんも、料理を運んでくるおばあちゃんも、
笑顔で対応してくれて、ほんわかしました。
で、次から次にお客さんが入ってきて賑わっていることに納得。
お腹に余裕があれば、このお店のホワイトローズも食べてみたかったな。

つづく

コメント(6) 
共通テーマ:旅行

19. ホイアン バーレー井戸、フーンフンの家 [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月18日(土)
美味しいバイン・ミーを食べて満足した後は、バーレー井戸へ。

IMG_0095-7.jpg
地図を見ると、少し奥まったところにあるようだったので、
ちゃんと辿り着けるかなって心配していたのだけど、
こんなキレイな案内板があって、迷うことはありませんでした。

IMG_0097-7.jpg
いまだ現役で利用されている「バーレー井戸」。
ホイアンの食生活になくてはならない井戸なのだそう。

IMG_0098-7.jpg
ホイアン名物の「ホワイト・ローズ」や「カオ・ラウ」を作る際に
練り込む水は、この井戸の水でなければダメなのだとか。
他のところの水では、あの味とあの食感は生まれないんだって。
これが、「ホワイト・ローズ」や「カオ・ラウ」が他の土地では
作られていない(食べられない)理由のひとつとのこと。
中がレンガ造りで、確かに歴史を感じる井戸ではあります^^

バーレー井戸を楽しんだ後は、ホテルに帰ろうと思ったのだけど、
チケットが1枚残っていたので、馮興家(フーンフンの家)へ。

IMG_0105-7.jpg
馮興家(フーンフンの家)。
約200年前に建てられた貿易商人の家。
壁はベトナム、柱やドアは中国、屋根は日本の建築様式とのこと。

IMG_0112-7.jpg
入ってすぐのスペースは、商談などに使われていたみたい。
天井には、洪水の際に2階に商品を運び上げるための窓があります。

IMG_0116-7.jpg
2階への吹き抜け、いい感じの造りです^^

IMG_0128-7.jpg
2階のお部屋。

IMG_0124-7.jpg
祭壇。

IMG_0146-7.jpg
お部屋とベランダの間の扉も美しい。

IMG_0140-7.jpg
ベランダからの眺め~♪
グエンティミンカイ通り。

つづく

コメント(6) 
共通テーマ:旅行

18. ホイアン バイン・ミー・フーン [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月18日(土)
進記家(タンキーの家)を楽しんだ後は、
旧市街をぶらぶら歩きながら、バイン・ミーで有名なお店に行きました。

IMG_0020-7.jpg
トゥボン川沿いに並ぶ建物。
黄色の壁に赤い提灯、とってもいい感じです^^

IMG_0072-7.jpg
2階に吊り下がる、たくさんの植木鉢が気になって、パチリ~♪

IMG_0073-7.jpg
歩いているだけで楽しくなる町並み。

IMG_0081-7.jpg
歴史を感じさせる建物がいっぱい。
レストランやカフェ、お土産屋さんや仕立ての洋服屋さんなどが多い。

IMG_0084-7.jpg
撮影したくなる建物ばかり~♪

IMG_0087-7.jpg
天秤棒で売られているのは、バナナ。
気になったけれど、買いませんでした・・・(^^;

IMG_0088-7.jpg
ホイアン市場の前にあるカムナム橋。

IMG_0094-7.jpg
「バイン・ミー・フーン」に到着~♪
海外メディアで「ベトナムいち美味しいバイン・ミー」と評された
お店なのだけど、とってもローカルな感じ。
ま、それが良いんだけどね^^
地元の方と欧米人観光客で賑わっていました。

IMG_0092-7.jpg
地元の方はテイクアウト、観光客はイートインと半々って感じ。
天井から下がっている黄色のメニュー表には、ベトナム語の下に、
英語で具の説明が書かれていて分かりやすかったです。

IMG_0090-7.jpg
グリルド・ポークのバイン・ミー 20,000ドン(≒112円)。
お客さんが絶えない超人気店なのに、
ちゃんとローカル価格のままなのが素晴らしい!!
パンは、外はカリッで、中はふんわり。
とっても美味しくて、ペロリと食べちゃいました^^

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

17. ホイアン 進記家(タンキーの家) [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月18日(土)
ミーソン遺跡からホイアンに戻ってきたのは、15時少し前。
前日、ホイアン旧市街を観光したけれど、まだ見れていない場所が
あったので、再び旧市街の観光をしました。

IMG_0023-7.jpg
進記家(タンキーの家)。
約200年前に建てられた中国・広東省出身の漁師の家。
1985年、ホイアンで最初に文化遺産に登録された建物とのこと。
後で分かったのだけど、私は裏口から入ってしまったみたい。
見学するには、チケットが1枚必要です。

IMG_0025-7.jpg
茶器など。アイロンもありますね~。

IMG_0028-7.jpg
1878年頃、3代目の女性が使っていたベッドとのこと。

IMG_0039-7.jpg
中庭。

IMG_0038-7.jpg
中庭を取り囲む建物。
窓の造りや彫刻が美しい~♪

IMG_0047-7.jpg
お金持ちそうな雰囲気です^^

IMG_0048-7.jpg
祭壇。

IMG_0062-7.jpg
トゥボン川沿いにある進記家(タンキーの家)、
雨季には洪水で浸水することもあるようで、1階の天井には、
2階に荷物を運び上げるための格子状の窓がありました。

IMG_0056-7.jpg
惹かれる電灯、柱や梁も美しい~♪

IMG_0069-7.jpg
見学を終えて出てきたところが、正面の入り口でした・・・(^^;

つづく

コメント(2) 
共通テーマ:旅行

16. ミーソン遺跡~ボートクルーズ [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月18日(土)
ミーソン遺跡「グループG」を楽しんだ後は「グループEF」へ。

IMG_9969-6.jpg
グループE。
宝物庫は美しく復元されていて見応えがあるけれど、
レンガの新しさが目立ちすぎる感じ・・・。

IMG_9955-6.jpg
グループF。
あちこち棒で支えられている主祠堂、元は立派だったのでしょうね~。

IMG_9973-6.jpg
グループK。
修復中で近付けないようで、ガイドさんの説明はなく、素通りでした。
歩きながら、とりあえずパチリ~。

IMG_9977-6.jpg
これで、ミーソン遺跡の見学は終了。
バスに乗り込む前に、20分ほどトイレ休憩があったので、
売店で、アイスクリームを購入。
遺跡内のお店だからか若干ボッタクリ価格の2万ドン(≒112円)。

IMG_9988-6.jpg
復路はボート利用のコースを選んでいたので、
ミーソン遺跡からバスで30分ほど移動した場所で乗り換え。

IMG_9984-6.jpg
ボート乗り場に向かっている途中にいた鳥くん。
個性的なお顔とキレイな羽毛が気になったのでパチリ~♪

IMG_9993-6.jpg
ツアーに付いている軽食は、ボートでいただきました。
このお食事、見た目がとってもビミョーだったんですよね~。
しかも、暑い中、ちょっと前からお皿に盛りつけてあっただろうし、
何となくお腹を壊しそうで、食べないつもりでいたんです。
でも、他の参加者さんたちは、皆んなモリモリ食べていたので、
恐る恐る食べてみたら、あれ?美味しい~。
見た目は悪いけれど、味付けがとても良くて美味しかったんです。
で、結局、全部食べちゃいました・・・(^^;
そして、お腹が痛くなることもありませんでした(笑)

IMG_9992-6.jpg
ボートクルーズ開始~♪

IMG_0004-7.jpg
この船、沈みかけているようにしか見えない・・・(^^;
何かの作業船のようでした。

IMG_0017-7.jpg
これといって特別な景色があるわけではないけれど、
約1時間のボートクルーズ、なかなか楽しかったです。
川を泳いでいる水牛を見ることも出来ました^^

ホイアンに帰り着いたのは、15時少し前。
アンホイ島の船着き場で下船して、そのままツアー解散でした。
思っていた以上に、ミーソン遺跡をしっかり見学することが出来て、
かなりお得なツアーでした。

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

15. ミーソン遺跡 グループAとG [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月18日(土)
ミーソン遺跡「グループBCD」を見学した後は「グループA」へ。

IMG_9897-6.jpg
グループA。
現在は緑の中に瓦礫があるだけのような状態だけど、
元々ここには、チャンパ王国で最も美しい主祠堂があったのだそう。

IMG_9890-6.jpg
ベトナム戦争中、ミーソン遺跡を基地とし、身を隠していた兵士が
いたため、アメリカ軍が空爆し、破壊されてしまったのだとか。

IMG_9900-6.jpg
グループAを見学した後は、
こんな緑いっぱいのところを歩きながら、グループGへ。

IMG_9910-6.jpg
修復が進んでいる「グループG」。

IMG_9938-6.jpg
所々、レンガが新しいのがはっきり分かります。

IMG_9912-6.jpg
主祠堂とヨニ。

IMG_9926-6.jpg
主祠堂の土台部分には、ぐるっと1周、お顔のレリーフ。

IMG_9919-6.jpg
シヴァの別名のひとつとされる「マハーカーラ」かな。

IMG_9915-6.jpg
角の部分には、こんな彫刻。

IMG_9925-6.jpg
何だか笑っちゃうお顔をしていますね~♪

IMG_9941-6.jpg
びっしりと文字が彫られた石碑。

つづく

コメント(7) 
共通テーマ:旅行

14. ミーソン遺跡 グループBCD [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月18日(土)
ミーソン遺跡「グループBCD」の続き。

IMG_9836-6.jpg
4つの土台の上には、何があったのだろう~。

IMG_9838-6.jpg
宝物庫。

IMG_9833-6.jpg
窓の上には、象さんのレリーフ。

IMG_9858-6.jpg
手前:主祠堂の基礎、右奥:宝物庫。
宝物庫の屋根は、チャンパ王国が交易で栄えたことから、
船をイメージして造られているのだそう。

IMG_9862-6.jpg
シヴァ神の象徴と考えられているリンガとヨニ。

IMG_9870-6.jpg
楼門。

IMG_9874-6.jpg
祠堂。

IMG_9878-6.jpg
グループDの祠堂。

IMG_9882-6.jpg
入り口にある彫刻。

IMG_9884-6.jpg
内部は、彫刻展示室になっていました。

つづく

コメント(5) 
共通テーマ:旅行

13. ミーソン遺跡へ [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月18日(土)
6:30起床、ホテルにて朝食。
この日は、前日にシン・ツーリストで予約しておいた「ミーソン遺跡」
へのツアーに参加しました。
ホテルでのピックアップ時間が8:15~8:40とのことだったので、
8:10にはフロント前に降りていたのに、迎えが来たのは8:45。
しかも、迎えは乗用車ではなく、オートバイ。
ヘルメットなしの2人乗りで後ろに跨らされて、どうなることかと
恐々としていたら、ホテルの目の前にある橋を渡った先に停まっていた
バスの前で降ろされ、これに乗れと・・・。
そんな距離なら、言ってくれれば歩いたのに・・・(^^;

IMG_9759-6.jpg
9:50、ミーソン遺跡に到着。
ガイドさんが入場チケットを買いに行っている間を利用して、
20分ほどのトイレ休憩。
入場チケット代 150,000ベトナムドン(≒846円)は、
ツアー代金に含まれていないので、バス内で徴収がありました。

IMG_9766-6.jpg
ミーソン遺跡、入場ゲート。

IMG_9979-6.jpg
少し歩いて、こんな橋を渡って・・・。
看板に世界遺産のマークあり^^

IMG_9772-6.jpg
電動カートに乗って・・・。

IMG_9773-6.jpg
電動カート、けっこうなスピードでした・・・。
乗車時間は10分くらい。

IMG_9780-6.jpg
電動カートを降りた後も、1Kmくらい歩きます。
なかなか遺跡に辿り着きません・・・(^^;
写真の後ろ姿は、ガイドさん。
ごのガイドさん、名物ガイドなんじゃないかなぁ~。
英語での説明だったけれど、話が上手なことがとっても伝わってきたし、
簡単な英語で感情を込めて分かりやすく話してくれるので、
私でも、だいたい何を言っているのか感じ取れました。

IMG_9794-6.jpg
15分ほど歩いたところで、やっと目の前に遺跡が~♪
チャンパ王国の聖地であった「ミーソン遺跡」。
最も保存状態の良い「クループBCD」から見学します。

IMG_9802-6.jpg
ミーソン遺跡の建物は、接着剤等は一切使わず、
レンガをすり合わせて積み上げ、造られているのだそう。
建築技術が素晴らしい。

IMG_9810-6.jpg
壁面を飾るチャンパの女神像。
その周りの装飾も、とっても美しい。

IMG_9824-6.jpg
祠堂。

IMG_9829-6.jpg
かなり分かりやすいリンガ・・・(^^;

つづく

コメント(3) 
共通テーマ:旅行

12. ホイアン 夜のアンホイ島 [2017 ベトナム]

2017年3月17日(金)~3月21日(火) ダナン・ホイアン旅行記

3月17日(金)
ヴィーズ・マーケット・レストランで、ホイアン名物の夕食をいただき、
暗くなってから、アンホイ島のナイトマーケットをぶらぶらしました~♪
たくさんのお店が並んでいて、見て回るのは楽しかったけれど、
欲しいと思うものはなく、何も買わず・・・(^^;

IMG_9704-6.jpg
何軒もあるランタン屋さん。

IMG_9705-6.jpg
どのお店の前にも、記念写真を撮っているカップルがいました。
こういうの、流行っているのかな~。

IMG_9711-6.jpg
カップルでの撮影が終わったら、一人ずつでも撮影。
観光客からしたら、ちょっとジャマ・・・(^^;

IMG_9708-6.jpg
色も模様も様々なランタン。
欧米人の観光客には、かなり売れているようでした^^

IMG_9715-6.jpg
アンホイ橋からパチリ~♪

IMG_9717-6.jpg
ライトアップされた「来遠橋(日本橋)」。

IMG_9739-6.jpg
トゥボン川にある龍のランタン。

IMG_9747-6.jpg
トゥボン川沿いの遊歩道には、鶏親子のランタン。

IMG_9748-6.jpg
アンホイ島の端の方にあるゲート。

IMG_9750-6.jpg
夜のホイアンを楽しんで、ホテルに戻ったのは20時少し前。
初日から、なかなか動きました・・・。
で、バスタブにお湯を溜め、入浴剤をいれて、ほっこり~♪
そして、早めに就寝。

つづく

コメント(6) 
共通テーマ:旅行
前の17件 | -
2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ