So-net無料ブログ作成

34. デルフィ遺跡 アゴラ [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月30日(土)
アテネからバスに乗ること2時間40分、デルフィに到着。
まずは、デルフィ遺跡の見学をしました。
チケットは、デルフィ博物館との共通券で、12ユーロ。

古代世界でのデルフィは、全世界の中心と考えられていたようです。
また、宗教の中心として栄え、この地で、
「アポロンの神託(神のお告げ)」が行われていた。
そして、この神託をもとに、個人はもちろん、国家の指導者もが
国の大事を決定していたとのこと。

IMG_0009-6.jpg
入り口から歩いて行くと、まず見えてくるのがローマ時代のアゴラ。

IMG_0012-6.jpg
円柱の上の方がなく、装飾が見られないのが残念。

IMG_0017-6.jpg
石と煉瓦の壁、とてもしっかり造られていますね~。
模様のようにも見えて、素晴らしい^^

IMG_0019-6.jpg
アゴラを抜け、参道を歩いて行くと、道の両側には、
都市国家の指導者たちが神託の御礼として奉納した宝庫などが
ずらっと並んでいます。
こちらは、コリントス人の奉納物。
現在は、台座だけしか残っていませんが・・・。

IMG_0026-6.jpg
アルゴス王たちの奉納物。
半円形のアーチになるように石が積んであります。

IMG_0030-6.jpg
デルフィ遺跡の参道。

IMG_0032-6.jpg
シュキオーン人の宝庫跡。

IMG_0036-6.jpg
シフノス人の宝庫跡。

IMG_0042-6.jpg
当時は、参道の周りに宝庫が立ち並び、
アポロン神に捧げる宝物で豪華だったのでしょうね~。

つづく

コメント(3) 

33. リオシオン・バスターミナル~デルフィ [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月30日(土)
朝5:30起床、朝食はスーパーで買ったパンとヨーグルト。
そして、6:15ホテルを出発。
この日は、日帰りで「デルフィ遺跡」まで行きました。

デルフィ遺跡へ行く長距離バスが出ているのは、アテネの中心部から
少し外れたところにある「リオシオン・バスターミナル」なんだけど、
ガイドブックを見ても、行き方の説明が非常に不親切。

ラリッサ駅周辺のバス停からブルーバスを利用して行くことも可能だが、
バス停から少し歩かなくてはならないうえ、場所の見つけ方も難しい。
タクシーを利用して行くことをおすすめする。
だって・・・。

ひとり旅だから、タクシーは極力使いたくなかったので、
どうしたものかと色々調べていたら、地下鉄アッティカ駅から歩いて
行くのがいちばん間違いがないかなって結論になりました。

地下鉄Line2のアッティカ駅で降りて、駅の中ほどの階段で地上に出ると、
前の道に向かって右側にバス停があるので、そちらの方向(北)へ
ひたすらまっすぐまっすぐ15~20分くらい歩くと、
リオシオン・バスターミナルに到着します。

IMG_0994-5.jpg
アッティカ駅から15分ほど歩いた辺り、左手側の景色。
青い看板と黄色の看板の車関係のお店があります。

IMG_9973-5.jpg
右手側はタクシー会社。

IMG_9975-5.jpg
進行方向正面。
この少し先で道が二股に分かれますが、大通りの方ではなく、
右側の住宅街のような方へ。

IMG_9976-5.jpg
この右側の道の方へ1・2分歩くと、

IMG_9979-5.jpg
すぐ右に、リオシオン・バスターミナル。

デルフィ行きのバスは、7:30発。
チケットは予めインターネットで予約しておきました。
座席図を見ながら座席指定が出来るし、画面を印刷したものが
そのままチケットになるので、とても便利です。
アテネ~デルフィ 片道16.4ユーロ。

リオシオン・バスターミナルを7:30に出発し、
9:10頃に一時ストップし、10分間のトイレ休憩がありました。

IMG_9983-5.jpg
トイレ休憩の後、30分くらい走った辺りの景色~♪
中央の空中都市みたいなところは、アラホバという町。
ここは時間があれば歩いてみたかった~。

IMG_9986-5.jpg
アテネを出発して2時間40分、10:10、デルフィに到着。
バスを降りて少し歩いたところからの景色~♪
モヤっているけれど、なかなかの絶景です^^

IMG_9991-5.jpg
バスは、デルフィ博物館の前でも停まったけれど、そこで降りても
大丈夫なのか若干不安だったので、デルフィの町まで行って下車。
なので、こんな道を10分ほど歩いて戻ります・・・(^^;

IMG_9995-5.jpg
見えてきました、デルフィ遺跡!!
左のバスが止まっているところが、デルフィ博物館の入り口。
デルフィ遺跡は、その先3分くらい歩いたところが入り口。
正面のなだらかな斜面に広がっているのがデルフィ遺跡です。

つづく

コメント(2) 

長崎へ行ってきます! [日記]

明日から2泊3日、長崎へ行ってきます^^

日曜日に、ナポリ&プラハ&ウィーン旅から帰って来て、
今日まで5日間しっかり働いて・・・。
まだ残っている疲れ&連日の寝不足で若干キツイけれど、
行っちゃいますよ、長崎!!

明日と明後日に開催される「ながさきみなとまつり」。
目的は、明日30日(土)の花火です^^

ましゃの楽曲と連動した音楽花火。
0.1秒単位で音楽とシンクロする花火なのだそう。
レーザー光線による演出もある、ましゃ監修の花火~♪
観ない訳にはいきません~。

東京は、日曜・月曜と雨の予報だけど、長崎は3日間とも晴天。
めっちゃ暑そうです・・・(^^;

コメント(5) 

32. Antica、ミトロポレオス大聖堂 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月29日(金・祝)
国立考古学博物館を楽しんだ後は、地下鉄でモナスティラキ駅へ移動。
古代アゴラ近くのレストランで夕食にしました。

IMG_9957-5.jpg
カフェ&レストラン Antica。

IMG_8754-5.jpg
線路と遺跡沿いにあるレストランです。

IMG_9946-5.jpg
ミックスフレッシュジュース 5.5ユーロ

IMG_9951-5.jpg
サガナキ(チーズ焼き) 6.3ユーロ
想像していたよりも固く、そんなに美味しいものではなかった。

IMG_9952-5.jpg
スパゲティ・シュリンプ 15.8ユーロ。
目の前に置かれたときは、あまりにお皿が大きく量がスゴイので、
思わず笑ってしまったのだけど、しっかり完食・・・(^^;

IMG_9962-5.jpg
夕食後は、ホテルの近くまで戻り、ミトロポレオス大聖堂。
全ギリシアの大主教の主教座聖堂とのこと。

IMG_9965-5.jpg
何かの設営中だったので、大聖堂内には入らず・・・(^^;

IMG_9959-5.jpg
ミトロポレオス大聖堂のある広場に立つ「大主教ダマスキノス」像。
第二次世界大戦中にアテネ大主教で、
その後、ギリシャの首相も務めたというお方。

IMG_9970-5.jpg
ミトロポレオス大聖堂の隣にある「聖エレフテリオス教会」。
別名「小さなミトロポレオス(ミクリ・ミトロポリ)」。

IMG_9967-5.jpg
お祈りの方がたくさん並んでいたので、教会内には入らず。
側面をパチリしただけ・・・。

つづく

コメント(2) 

31. アテネ 国立考古学博物館2 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月29日(金・祝)
アテネ「国立考古学博物館」の続き。

IMG_9882-5.jpg
ミロス島のポセイドン像。
紀元前130年頃の作品、ヘレニズム期の代表作とのこと。
右足の後ろに見えているのはイルカ、振り上げた右手には、
槍が握られていたと考えられているのだそう。

IMG_9886-5.jpg
こちらの腕はどうなっていたのでしょう。
腕以外はキレイにあるので、気になります・・・。

IMG_9896-5.jpg
お顔がないのも気になる・・・。
どのようなものだったか解明されて復元出来ると良いですね。

IMG_9890-5.jpg
アフロディテとパンとエロスの像。
1904年にミロス島で発見されたとのこと。
いたずらを仕掛ける牧羊神パンにアフロディテがサンダルを
振り上げているところなのだそう・・・(^^;
間に入る天使は、アフロディテの息子エロス。

IMG_9903-5.jpg
真ん中のお方は、皇帝アウグストゥス。

IMG_9909-5.jpg
牛に喰らい付くライオン。

IMG_9918-5.jpg
トラキア、マケドニア、エジプトの女王「アルシノエ2世」。

IMG_9926-5.jpg
眠っているエロス。
手前にいる動物が気になって、パチリ~♪

IMG_9917-5.jpg
黄金のマスク。
ミケーネ遺跡の円形墓地で発掘され、ドイツ人考古学者シュリーマンが
アガメムノンのマスクだと主張したため、「アガメムノンのマスク」と
呼ばれているけれど、後に、アガメムノンの時代よりも前のものである
と判明したとのこと。

つづく

コメント(0) 

30. アテネ 国立考古学博物館 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月29日(金・祝)
ケラミコス遺跡を見終わったのが16時少し前。
この後、国立考古学博物館へ行きたかったのだけど、
この日は「聖金曜日(Good Friday)」で、通常は20時まで開いている
遺跡や博物館も17時で閉まってしまうんです。
でも、もしかしたら17時閉館ではないかも・・・と少しの期待で
行ってみることにしました。

ガイドブックによると、国立考古学博物館は、
オモニア駅またはビクトリア駅から徒歩10分とのこと。
地図では、オモニア駅からの道の方が分かりやすい感じに見えたけれど、
オモニア駅周辺は治安の良くない場所で、昼間でも安全とは言えない
ようなので、ビクトリア駅から行くことにしました。
でも、駅の外に出ても、どっちに歩いたら良いかさっぱり分からず・・・。
傘を持っていないのに小雨が降って来るし、どうしようかなぁって
キョロキョロしていたら、コーヒーショップから出て来た男性4人組、
背中にPOLICEと書いてある!!
で、彼らに聞くしかないって声を掛けたんだけど、
National Archaeological Museum って言っても知らない感じ・・・。
えっ~警察官なのに知らないの~~って思いながらも、
ガイドブックに載っている国立考古学博物館の外観の写真を見せたら、
4人のうち1人が分かったようで・・・。
で、とっても丁寧に分かりやすい行き方を教えてくださいました^^

IMG_9943-5.jpg
地下鉄ビクトリア駅から歩くこと約10分、国立考古学博物館に到着。
外の掲示には「17時まで」と書かれていなかったのでホッとしたのに、
チケット売り場で「今日は17時までよ。」って・・・。
このときの時刻は16:20。
チケット売り場のお姉さんに笑顔で「 Hurry Hurry!! 」って言われた~。
国立考古学博物館 10ユーロ。

IMG_9858-5.jpg
とにかく時間がないので、有名なものだけは見逃さないように
急ぎ足ながらも順に見ていくことにしました。
本来は40分くらいで見て回る博物館ではないんですけどね~。

IMG_9857-5.jpg
紀元前4世紀のギリシアの原物を、紀元2世紀にローマが複製した
という「アプロディーテー像」。

IMG_9854-5.jpg
ディアドゥメノスの像。

IMG_9856-5.jpg
エヴィア島アルテミシオン沖で発見されたという「馬に乗る少年」。

IMG_9871-5.jpg
アッティカ地方のマラトン沖で発見された「マラトンの少年像」。
左手は後に復元されたもので、
手の平に実際には何が乗っていたのかは分かっていないとのこと。

IMG_9872-5.jpg
アンティキセラの海から壊れて発見された「アンティキセラの青年」。
髪型などから紀元前340年頃の作品と言われているけれど、
右手に何を持っていたのか、誰の像であるのか論じられてはいるけれど、
確定はされていないとのこと。

IMG_9907-5.jpg
「馬に乗る少年」と同じエヴィア島アルテミシオンの海底から
発見されたという「ポセイドンのブロンズ像」。

つづく

コメント(4) 

29. アテネ ケラミコス遺跡  [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月29日(金・祝)
ケラミコス遺跡は、紀元前12世紀~紀元前1世紀ころの古代墓地の跡
であり、紀元前5世紀に新たな市壁が造られた場所でもあるとのこと。

IMG_9848-5.jpg
あちこちに大きな石が積み上げられています。

IMG_9842-5.jpg
市壁とともに造られた門。

IMG_9791-5.jpg
門を反対側から。

IMG_9844-5.jpg
聖なる道。
道の右脇には小川「エリダノス川」が流れています。
古代では、エリダノス川が流れる谷のいちばん低い場所だったようで、
現在も周りは湿地帯となっています。

IMG_9784-5.jpg
で、遺跡内では、大きなカメが何匹も歩いていました^^

IMG_9810-5.jpg
大きさの整った石がたくさん。

IMG_9818-5.jpg
復元作業は大変でしょうが、期待しちゃいますね~♪

IMG_9824-5.jpg
古典期には、円柱で囲まれた中庭と宴会場のある公共建築物が
建てられたとのことだけど、これがその跡かな。

IMG_9804-5.jpg
ガイドブックには、古代ギリシャ人の墓地という説明くらいしか
書かれていない「ケラミコス遺跡」。
これから発掘調査が進み、もっと分かりやすく公開できるように
なると良いですね^^

つづく

コメント(3) 

帰国しました。 [日記]

成田空港11:55着のオーストリア航空で無事に帰国しました。
実際は20分ほど遅れて、12:15の到着でしたが・・・。

イタリア
青の洞窟は、風向きが良くないとのことで入れなかった。
ポンペイ遺跡とエルコラーノ遺跡は素晴らしかったけれど暑かった!!
アマルフィは混雑しまくりで、景色の良さが半減って感じ。

チェコ
プラハもチェスキー・クルムロフも中国人だらけ。
どこを見ても必ず中国人がいるっていうくらいの凄さ・・・。
でも、チェスキー・クルムロフは本当に美しい街でした~♪

オーストリア
半日だけのウィーン滞在、まずはシュテファン寺院へ。
20年以上前に一度訪れているんだけど、こんなだったかなぁ。
空高く見上げるくらいの大きさだった記憶があったんだけど、
そうでもなかった・・・(^^;

コメント(4) 

28. ケラミコス遺跡 墓碑 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月29日(金・祝)
ケラミコス遺跡では、暑さと歩きで疲れた身体を鎮めるため、
到着後まず先に博物館の見学をしました。
そして、博物館の後、屋外の遺跡を見て回りました。

IMG_9750-5.jpg
博物館から外に出て来ました^^
たくさん並んでいる筒のようなものは棺かな。

IMG_9756-5.jpg
屋外にも、あちこちに墓碑があります。
博物館に展示してあるのが本物で、屋外のはレプリカですが・・・。

IMG_9758-5.jpg
先に博物館で本物を見ていたので、実際はこんな感じで立って
いたのねって思いながら見ることが出来ました^^

IMG_9760-5.jpg
レプリカとはいえ、ホントに見事な彫刻です。

IMG_9763-5.jpg
博物館の中庭で見た牛さんのレプリカは、ここにありました。
屋根(?)の上に乗っていたんですね~♪

IMG_9765-5.jpg
博物館で本物を見るのも良いけれど、
こうやって屋外に再現してあると当時のことを色々想像できるので、
たとえレプリカでも、個人的にはこっちの方が好きです^^

IMG_9767-5.jpg
故人への想いが詰まった彫刻なのでしょうね~。

IMG_9769-5.jpg
眺めながら、どんな方が眠っているのだろうと考えてしまいます。

IMG_9772-5.jpg
墓碑の形も彫刻も様々。

IMG_9775-5.jpg
こんな形のものもありました^^

つづく

コメント(2) 

27. ケラミコス遺跡 陶器 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月29日(金・祝)
ケラミコス遺跡の博物館の続き。

IMG_9711-5.jpg
博物館の中庭にあった牛さんの墓碑。

IMG_9713-5.jpg
様々な墓碑、色々なこだわりがあるのでしょうね~。

IMG_9717-5.jpg
博物館には、陶器もたくさん展示してありました。

IMG_9727-5.jpg
当時このあたりには、多くの陶工が住んでいたとのこと。
土地名の「ケラミコス」は「セラミック(陶器)」語源になった
とも言われているようです。

IMG_9723-5.jpg
展示のなかで、いちばん気になったのは、こちら~♪
ミニチュアがあれば欲しかったけれど、見つからなかった。

IMG_9731-5.jpg
デザインも様々ですね~♪

IMG_9734-5.jpg
これは何のポーズだろ・・・(^^;

IMG_9737-5.jpg
技術力の高さが素晴らしいです。

IMG_9739-5.jpg
これは急須みたいなもの?

IMG_9748-5.jpg
思っていたよりも見どころの多い博物館でした。
観光客は少なくて、閑散としていたけどね・・・(^^;

つづく

コメント(3) 

26. ケラミコス遺跡 博物館 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月29日(金・祝)
風の神の家(公衆浴場跡)を観た後は、ケラミコス遺跡へ。
地図上では、さほど遠そうに見えなかったので歩いて行ったのだけど、
意外と距離がありました・・・(^^;
暑かったので、20分くらい歩いてヘトヘトになっちゃいました。

IMG_9547-5.jpg
ケラミコス遺跡。
紀元前12世紀~紀元前1世紀頃の古代ギリシャ人の墓地。
7ヶ所に入場できる共通券の最後のひとつです。

IMG_9692-5.jpg
まず先に、博物館から見学することにしました^^

IMG_9690-5.jpg
見事な彫刻が施された墓石がたくさん。

IMG_9694-5.jpg
ガイド本などでよく見かける「パンフィレーとデメトリア」の墓碑。
博物館にあるのが本物で、屋外にあるのはレプリカとのこと。

IMG_9695-5.jpg
しかし、とてもキレイに残っていますね~♪

IMG_9698-5.jpg
トリコスのリュサニアスの子「デクシレオス」の墓碑。

IMG_9699-5.jpg
どれも見ごたえがあります^^

IMG_9702-5.jpg
こちらも美しいですね~♪

IMG_9707-5.jpg
眺めながら、当時のことを色々想像しちゃいました^^

IMG_9709-5.jpg
温かい表情をしているライオンさん。

つづく

コメント(3) 

25. アテネ 風の神の家 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月29日(金・祝)
新アクロポリス博物館を楽しんだ後は、歩いて移動。

IMG_9657-5.jpg
お土産屋さんが両脇にたくさん並ぶ道を歩いた先にある
リシクラテス・モニュメント。

IMG_9687-5.jpg
新アクロポリス博物館から歩いて12分くらい。
ローマン・アゴラの近くにある「風の神の家(公衆浴場跡)」。

IMG_9662-5.jpg
入場料は2ユーロ。

IMG_9664-5.jpg
古代アテネで使われていたという公衆浴場跡。

IMG_9667-5.jpg
現代まで残っているのは、アテネではここだけのようです。

IMG_9683-5.jpg
壁には当時の様子が映されていました。

IMG_9679-5.jpg
迷路のように奥に続いています。

IMG_9672-5.jpg
この公衆浴場跡、地球の歩き方には「こちらも見逃せない!」って
書かれてあったけれど、そうでもないです・・・(^^;

IMG_9674-5.jpg
こんな風に遺跡が見られるのは面白いですけどね~。
見学しているのは最初から最後まで私だけでした・・・(^^;

IMG_9676-5.jpg
最後にトイレ~。

つづく

コメント(3) 

24. 新アクロポリス博物館 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月29日(金・祝)
無名戦士の墓で衛兵交代式を観た後は、地下鉄で移動。
新アクロポリス博物館へ行きました。

IMG_9613-5.jpg
新アクロポリス博物館の最寄りのアクロポリ駅。
地下鉄の駅構内にも出土品が並べられていました。

IMG_9616-5.jpg
11:30、新アクロポリス博物館に到着。
この日は12時オープンだったので、まだ閉まっています。

IMG_9614-5.jpg
で、開くのを待ちながら、パン屋さん「エベレスト」で購入した
サンドイッチでランチ~♪
ハムやチーズ入りの30cmくらいのパン、2.7ユーロでした。

IMG_9619-5.jpg
新アクロポリス博物館は、4階まであるのだけど、1階と2階は
ほとんどの展示が写真撮影禁止です。
3階はレストランと売店、バルコニーやテラスがあります。
大きな窓からは、正面にアクロポリスが見えました^^

IMG_9623-5.jpg
4階のパルテノンギャラリーは、写真撮影OK~♪
下の階から順に見て、いちばん上の階まであがったところで、
あれ?、私、エレクティオンの少女像を見ていない・・・。

IMG_9630-5.jpg
で、慌てて2階まで戻りました・・・(^^;
アクロポリス遺跡のエレクティオンにあるカリアティデスと
呼ばれる6人の少女像の柱。
現地にあるのは複製で、こちらが本物です。
ここにあるのは5人、残り1人は大英博物館にあるのだそう。
危ない危ない、見逃すところでした~。
あ、このエリアは、写真撮影OKです。

IMG_9645-5.jpg
少女像を後ろからパチリ。
とっても美しく造られていますね~♪

IMG_9656-5.jpg
2時間弱で、新アクロポリス博物館の見学終了。
エントランスのこの下も遺跡です。

IMG_9655-5.jpg
掘れば掘るだけ遺跡が出て来そうですね^^
あ、新アクロポリス博物館の入館料は、大人5ユーロです。

つづく

コメント(4) 

23. 無名戦士の墓 衛兵交代式  [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月29日(金・祝)
お昼12時までの時間潰しにやって来た国会議事堂前の無名戦士の墓。
2人の衛兵の左右の持ち場交代は30分毎だけど、
衛兵の交代式は、1時間毎とのこと。
次は何時からだろうって思っていたら、観光バスがドヤドヤと来たので、
もうすぐかなぁと待っていたら、突然始まりました・・・(^^;

IMG_9583-5.jpg
次に任務に就く衛兵がやって来ました。

IMG_9584-5.jpg
真ん中の衛兵さんは引率のお方のようです。

IMG_9589-5.jpg
これまで任務に就いていた衛兵2人が碑の前に出て来て、

IMG_9594-5.jpg
これから任務に就く衛兵2人も前に進みます。

IMG_9597-5.jpg
腕と足を大きく振って、

IMG_9600-5.jpg
銃を上に掲げ、

IMG_9602-5.jpg
任務終了の2人がこちらに歩いて来ました。

IMG_9605-5.jpg
腕を大きく振り、

IMG_9607-5.jpg
足を大きく上げて。
あれれ、よく見ると揃っていませんね・・・(^^;
やっぱり新人さんなのかなぁ~。

IMG_9610-5.jpg
交代式、終了。

IMG_9612-5.jpg
お疲れさまでした~♪

つづく

コメント(4) 

22. アテネ 無名戦士の墓 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月29日(金・祝)
ゆっくり眠って、朝8:30起床。
ホテルの朝食は別料金で5ユーロだったので付けておらず、
スーパーで買ったパンとハチミツとヨーグルトで朝食。
そして、9:30頃に観光に出発~。
なのだけど、この日は「聖金曜日(Good Friday)」。
遺跡や博物館などは、12時~17時までしか開いていません。
予めインターネットで調べて分かってはいたのだけど、
もしかしたら・・・と思って、あちこち歩いてみました。

IMG_9533-5.jpg
ホテルから歩いて5分ほどのローマン・アゴラ。
やはりお昼12時からのオープンのようで、まだ閉まっていました。
だけど、誰もいない遺跡ってのも良いですね^^
柵の間からカメラを入れて、風の塔とアクロポリスをパチリ~♪

IMG_9538-5.jpg
ローマン・アゴラの近くにいたニャンコ。
とっても毛並みがキレイで可愛いお顔のニャーちゃんだったけれど、
カメラを向けると目を反らされてしまった・・・(^^;

この後、公衆浴場跡やハドリアヌスの図書館にも行ってみたけれど、
やはり12時からのオープンのようで・・・。
きっと他の遺跡も例外はないよねって思い、シンタグマ広場へ移動。

IMG_9578-5.jpg
やって来たのは、国会議事堂の前にある無名戦士の墓。

IMG_9551-5.jpg
約400年ものトルコ支配に終止符を打った1823年からの
独立戦争での戦死者や、それ以降に起こった数々の戦争で犠牲に
なった兵士たちの霊を慰めるために造られたという大きな碑。

IMG_9554-5.jpg
無名戦士の墓の碑には、死の床に横たわる兵士の姿が彫られています。
そして、それを護る衛兵が2人。

IMG_9563-5.jpg
民族衣装に身を包んだ衛兵たち。

IMG_9565-5.jpg
う~ん、ギリシャの男性って、男前の方は少ないのかしら・・・。

IMG_9567-5.jpg
衛兵2人、30分毎に左右の持ち場を交代します。

IMG_9568-5.jpg
可愛らしい民族衣装だけど、ちょっと暑そうかな~。

IMG_9581-5.jpg
無事に、左右の交代が完了。

IMG_9574-5.jpg
こちらの衛兵さんは新人さんなのかな?
着方が悪いのか、色々チェックされ、直されていました・・・(^^;

つづく

コメント(4) 

21. 英国教会、ロシア教会、シンタグマ広場 [2016 ギリシャ・北京]

2016年4月27日(水)~5月5日(木・祝) ギリシャ旅行記

4月28日(木)
パナティナイコ・スタジアムで、この日の観光は終了~。
日本から飛行機を乗り継いで、朝8:55にアテネ空港に到着。
11時少し前にホテルに入り、少し休憩して、観光に出発。
20時頃まで、初日からガッツリ動き過ぎました・・・(^^;

IMG_9518-5.jpg
パナティナイコ・スタジアムからの帰り道、来るときとは違う道を
通りたくて、ザピオン公園の中を歩いてみました。
ザピオン公園を出たところにある「英国教会(セントポール教会)」。
19:30頃だったので、すでに閉まっていました。
入り口ドアの上にあるステンドグラスが気になる~。

IMG_9521-5.jpg
英国教会から少し歩いたところにある「ロシア教会」。
ガッチリした外観だけど、落ち着いた雰囲気があっていい感じ。

IMG_9522-5.jpg
ロシア教会の鐘楼。

IMG_9525-5.jpg
ロシア教会の前の道をまっすぐ歩くと、シンタグマ広場に出ます。
噴水の先に見える建物は、国会議事堂。

IMG_9526-5.jpg
しかし、シンタグマ広場、すごい人です。
時刻は19:45、昼間は暑いから夜の方が外出しやすいのかな。
この広場、平和そうに見えるけれど、以前、アテネで暴動があったとき
火の海になっていたのはこの周辺だし、抗議集会とかデモが行われるのも
大抵ここのようなので、写真を撮っただけで早々と退散しました・・・。

IMG_9528-5.jpg
ホテルに帰る前に、ホテル近くの小さなスーパーでお買物。
パン、オレンジジュース、ヨーグルト、お水、ハチミツを購入。
写真は「greek honey」、30g×5個入りで、2ユーロ。
ギリシャは、ハチミツとヨーグルトが美味しいです^^
この日の夕食は、到着早々ガッツリ動いたにも関わらず、
お腹が空いていなかったので、パンとヨーグルトだけにしました。

つづく

コメント(1) 

夏休み2016 [日記]

明日から夏休み~♪
特典航空券での旅に出掛けてきます^^

ナポリ → プラハ → チェスキー・クルムロフ → ウィーン
と周ります。

ナポリでは、
青の洞窟、ポンペイ遺跡、エルコラーノ遺跡、アマルフィ
の予定。
青の洞窟、入ることが出来るかなぁ~。
お天気は晴れの予報になっているので、大丈夫かな。

ポンペイ遺跡は、20年以上ぶり2回目。
ひとりで、ゆっくりじっくり見学したいと思います。
エルコラーノ遺跡は初めての訪問。
ポンペイよりもおススメって声もあるので、期待大です^^

そして、世界一美しい街と言われる「チェスキー・クルムロフ」。
とっても小さい街だけど、1泊する予定です。

ここのところ、あちこちでテロが起こっているので、
なかなか不安ではあるけれど、
とりあえず行けるときに行っておこうってことで、決行です。

これから急いで荷造りします・・・(^^;

コメント(6)